不動産買取と仲介

query_builder 2021/10/30
ブログ

【不動産買取と仲介】



不動産を売却する場合に業者が買取を行う場合と、売主様から物件をお預かりして買主様を探す仲介があります。


それぞれメリット・デメリットがありますがどちらがいいのでしょうか?



【即現金にするなら買取】



やはり買取の最大のメリットは換金が早いというのがメリットです。

条件があえば即日売却することも可能になりますし、他にも雨漏りがあったりシロアリの被害があるような手直しが必要な物件でも買取可能です。

デメリットとしては、やはり相場より安くなってしまうところです。

不動産業者も買い取った物件はやはり相場でしか売れません。

その分安く仕入れできないと利益がだせなくなってしまうからです。



【高く売るなら仲介で】



仲介の場合は相場はあれど、自身の希望額で市場に出すことが可能です。なかには相場よりも大幅に高い値段で売れていくケースも多々ございます。

デメリットとしては、成約した場合に仲介手数料がかかることと、売った不動産に不具合(雨漏りなど)があった場合に売却した後でも責任を求められる場合があったりします。



【結局どちらがいいのか】



結論としてはどちらもそれぞれメリット・デメリットがありますが、時間の余裕があれば仲介の方が高く売れていく為、仲介で売却を依頼する方がおすすめではあります。


記事検索

NEW

  • 筑西市内で中古戸建・売地の反響増加!現状の不動産需要をお伝えします!

    query_builder 2022/01/09
  • 令和3年12月度筑西市不動産売却の査定実績

    query_builder 2022/01/05
  • 土地を売却した場合の税金は?

    query_builder 2021/12/23
  • 令和3年11月度筑西市不動産売却の査定実績

    query_builder 2021/12/03
  • 不動産売却 不動産を売却する場合にいい時期はあるのか?

    query_builder 2021/11/25

CATEGORY

ARCHIVE